無料アクセス解析
脳内ぬるぽ化計画 2010年08月
最近はBF4くらいしかやりません
最近はBF4くらいしかやりません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


色々と購入

今月襲来した台風の影響による暴風雨の中を走行したことで、レインウェアの重要性を身をもって感じたので、
レインウェアを購入しました

購入したのは
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128262
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128259

レインウェアならバイク用のが販売してありますが、結構お値段が高いってのと
別にバイクに乗るためだけに使用するつもりはないので、バイク用のは除外
あとはお財布と相談です  一番安い奴を買いました

上下で考えると、セットで売ってた奴の方が値段は安かったけどデザインが好みじゃなかったので、
別々に買いました

正直なトコロ、時期が悪かったというのもあると思いますが、品揃えがあまりよろしくなかったので、
後で後悔しない程度のものを購入
実家に置いてあったレインウェアは、冬に船釣りしても余裕でおkな防寒最強な奴だったんですが、
あれは少なくとも4万以上するんだな・・・



あとは、ライディングジャケットとグローブも購入

ジャケット(楽天のページです 去年の型なので公式に載ってない)
http://item.rakuten.co.jp/tsuuhanyarou/gsm12954/
グローブ
http://rough-and-road.weblogs.jp/news/2010/05/rr8904-a9a7.html

グローブについてですが、
別にゴアッテクス信者ってワケじゃないんですが、巷でイイ!と噂されてるのを聞いたので、
乗るしかない、このビッグウェーブに!ということで、ゴアテックスを選びました
「防水・防風・透湿性に優れた」と謳っていますが、見た感じでは防水性はなさそう。。。

雨の日にゴム手袋して走ってるバイク乗りを見たことがあります
薄手のグローブの上にゴム手袋ってのもいいかもしれないですね

使用感ですが、地図が簡単にめくれるのはイイです
この手のグローブを使用するのは初めてなのでよく分からないんですが、
数本だけですが、指先がちょっと痛くなる時があるんですよね
あとは、第二間接付近が窮屈 サイズはLだからちょうどいいと思うんだけど。。。



ジャケットはスーパースポーツでの使用に最適化されたもので、前面の裾が短めですが、
ZZRもSS程ではありませんが前傾になるので、特に気になるところはないかな
内ポケがないのが残念ですが、別売りのインナーの使用を考慮した結果かな?
全くバタつかず疲労が溜まらないので、早く買っときゃよかったよ・・・



あとは、2GBのSDカード買いました
いままで256MBのを使用してたんですが、最高解像度・画質で撮影すると
100枚程度しか保存できなかったので不便だと感じてました
所持しているデジカメが、2GBよりも大きいSDカードに対応してるかどうか分からなかったので、とりあえず2GB
2GBだと900枚以上保存可能です
だぶん900枚撮る前にバッテリーが切れます




どうして2GBと4GBのSDに壁があるのか調べてみたけど、ファイルシステムが
2GBまではFAT16で、それよりも大きいのはFAT32とのこと
外付けHDDがFAT32でフォーマットされてて、イチイチNTFSにフォーマットしなおしてたコトを思い出した
今でも外付けHDDの一台はFAT32で運用してる あの頃はPC関係の知識が乏しかったからなぁ


にしても、5.6年前は256MBのSDカードでも6000円近くしたのに、今は安くなったもんだ
そもそも今は256のなんて売ってないし
購入した2GBのは1300円もしませんでした PCのメモリもそうだけど本当に安くなったなぁ
2万以上出して2GBのメモリをつけた頃が 色んな意味でとても懐かしい
スポンサーサイト

ブレーキディスクたん負傷のお知らせ

ブレーキディスクが歪んでしまったみたいです

雨でやわらかくなった地面にバイクをハンドルロックかけて駐輪してたんですが
駐輪してから約10分後、転倒したでござる

ハンドルロックかけてたせいかは分かりませんが、その結果左のブレーキディスクが歪んでしまったみたいです
走行してると、タイヤの回転と同調して、シュッシュッシュッと音がします

音がするだけならいいんですが、振動が酷い
左ハンドルと左ステップへの振動が結構強くて、長時間乗ってると疲れると思います




修理に3万円ほどかかるので、んなもん出せるかと言うことで放置するつもりです
原因は「恐らく」ブレーキディスクの歪みとのことなので、もし違う場所に問題があるとすれば
場合によっては事故につながる可能性があります
なので、夜交通量が少ない時に乗り回して体を張って実験するしかありません

目で見た感じでは歪んでるのは分からないので、歪みと言っても僅かなものだと思います
走行に影響するほど致命的なものではないみたいですが、ブレーキのかけ具合が以前と変わった気がします



12日に東北へ行ってきたのですが、台風接近中の暴風雨の中、1000円くらいのカッパに身を包み
靴はずぶぬれになりながら、疲労困憊になりながらもやっとのことで到着した挙句、
駐輪した地面がやわらかく、転倒してブレーキディスク損傷 踏んだり蹴ったりです



レインウェアやグローブなどの装備をゴアテックスで揃えてやろうと思った矢先に3万円の修理代
問題なけりゃ修理する気なんて毛頭もないんですが、振動は気になります
それと、後輪がもうそろそろスリップサインが出そうでして、交換時期が近く
それにも結構な費用が必要になるっていう
タイヤ代は想定内だから全く問題ないんだけど、ブレーキディスクは痛い


まぁ事故るまで問題ないので、何もなかったということで乗り続けましょう
ダブルディスクブレーキなので、最悪左のブレーキディスクが走行中に逝ったとしても
何とかなる と思いたいです


リア充の代名詞 Lt.TOMITAKE が行く~道東~

珍しく徹夜明けではありません
稚内から帰宅した翌日の21時ごろ 体験したことのない程の睡魔に襲われベッドイン
睡眠状態に入るまで5分とかかりませんでした そして25時ごろに起床
skypeで会話してたら3時ごろになったので、根室の方行こうと思って4時30分に出発


赤字:行き 青字:帰り

とりあえずの目的地は襟裳岬
東北へ行く日が近く、最長でも3日しか時間とれないので、とりあえず有名な見所だけ回ります
北海道に住んでるから、土日使えば大抵のトコロに行けるので残念という気持ちはない
まぁ道東まで赴くのは結構つかれますががが。。。



新冠で休憩 苫小牧から今日上陸したZX-6Rに乗ってる人と少しお話
このあたりは牧場とコスモスロードくらいしか見るところはないかな


コスモスロード
桜の時期は、4~5キロある直線道路の左右に桜が咲くそうです
来年行ってみたいな


襟裳岬 ゼニガタアザラシの生息地

到着した時はバイクが数台しかありませんでしたが、
岬を見て駐車場に戻った時は、バイクがずらりと並んでました
たぶん苫小牧組みが到着したんだと思います
数人組みの関東の方たちは、相当テンション高かったです


霧がかかってて遠くは見えない


えりもラーメン
他にも海鮮丼などがありましたが、数日前にウニ食ったからいいわ


本当に景色が最高
水平線の彼方まで小高い丘が連続してる景色なんて特に


国道から脇道に入ると、数キロも直線が続く道路が何本もあります


車なんて通らないので、道路上でバーベキューでも何でもできます
通る車は周りの畑に用がある地元の方くらいです


倒産の噂でよく聞く花畑牧場にて
手前から、ZZR250 ZZR400 ZX-9R

バイク乗りはここにはあまり来ません
家族連れやカップルがほとんどで、バイク乗りは7~8人程度

ここで下ネタ大好きなおっちゃんライダーと世間話
すすきのの話されても分かりません!
それに、「ここにはバイク乗りはあまり来ない どうしてか」って話になって、
「ここに来るのと親にオナニー見られるのどっちが恥ずかしい?」って聞かれたよ
よくそんな例え思いつくなw    
ギャグセンスの高い関西出身の方で、知識が驚くべき程豊富でして、
「ゆとり世代」との違いを垣間見たような気がしました
ただ、現在の境遇がカオスで、気の毒ですが、本人に釣られて思わず笑ってしまいましたよ


品物はとにかく少量で高い それに通販で買えるし。。。 
あと、カフェは一人で入るもんじゃないなぁ
折角きたからという事で入ったら、壁はピンクで中はカップルだらけと家族連れ少量
思わずバイクでダイレクトレントリーしたくなりましたが、涼しかったので得した気分
アイス食ったけど、なんでこんなんが350円もすんの? 1日分の食費近い額払ってこれって・・・

田中義剛が見学できる工場内にいたと先のおっちゃんライダーに聞いたのですが、
おっちゃんのは田中義剛が大嫌いでした もう罵詈雑言の嵐w
まぁいい噂は聞きませんよね 知識豊富なおっちゃんは色々と知ってるようで大ッ嫌いみたいです

ちなみに、最盛期は駐車場が一杯で、この牧場にくるまで車の長い列ができる程だったらしいですが、
今は結構がらがらです




この後も帯広をブラブラして、暗くなったので寝場所探しへ
途中で雨が降り出して最悪でした 
24時間建物が開いてるところを見つけ、そこの地べたに寝ッ転がって次の日を迎えることに

ここでは、70近いおっちゃんと3時間近く話しました
日本全国を車で回ったことのある方で、貴重な話を聞けました
この年齢ともなると、やはり色々な経験をしているため、話が非常に興味深い
生まれも育ちも北海道らしく、北海道の話も色々と聞けました

あと、自家製の完熟トマトとコーヒーをご馳走になりました
大きいサイズのトマトを複数個食べたので、おなかいっぱいです

こういう話の中で、出身の話になって「九州出身」て言うと、
必ずと言っていいほど九州男児かって言われるんだよね
私どっちかというと、女を更に腐らせたような性格なので、全くそんなんじゃないけどなぁ


23時就寝

3時30分起床

地図を見て、30分ちかくかけて目的地と経路を決定

4時15分出発


最初の目的地 眼下に自衛隊の演習場を望む展望台


まぁ・・・霧の中での演習も大事ですからねぇ


帯広市外はタブン霧はかかってないと思いますが、山の近くは霧で視界100mくらいです
この霧は釧路湿原の手前まで200km程続きます

当初は阿寒湖・摩周湖(温泉入浴)→釧路→根室 の予定だったんですが、
絶対に摩周湖は霧がかっていると思うので、今回はパス

摩周湖は「霧の摩周湖」という曲があるほど霧の発生頻度が高いらしい
wikiによると釧路湿原よりも頻度は低いとか

そう言えば霧といえば、泊まった道の駅で別のおっちゃんと話した時に聞いたんですが、
R274か38か忘れましたが、そっちの方は霧で視界が10mもなかったそうです


釧路湿原
天気が悪いのが残念
ここまで来るのに森の中の道を歩いてくるんですが、先月末にここで熊が見つかったということで、
「注意して下さい」って張り紙があった
鈴の無料貸し出しが行われています

熊は人間の存在を感知したら逃げて行ってくれるので、鈴やラジオを流すなどして
自分の存在を熊に知らせるのが安全対策の基本です
道の駅のおっちゃんは、山に入る時は万が一熊と戦闘に陥った時のため、
マシェットを持ち歩いてるそうです


この後は、厚岸で牡蠣を食べて、海岸沿いを岬などを見ながら根室へ
数キロおきに、寒かったり暖かかったりが続きます


納沙布岬
霧で視界が悪く景色が悪い

霧多布岬を越えてからはずっと寒かったです
道路の電光掲示板っぽいのには、気温は19℃と表示されてました





ここで、次どうしようかと悩む
一泊するか 帰るか
一泊するなら暖かいところへ非難するか、24時間空いている建物を探す必要あり
帰るなら・・・・・ 400kmあるお。。。。 帰って検索したら500kmでした・・・

東北行きが間近だし、やることも残ってるので帰ります
もうとにかく頑張って帰りました

居眠り運転状態になって危険でした
何で居眠り運転なんかするのか理解できませんでしたが、高速走ってたらなりますね
居眠りっていうか、意識が一瞬飛びます ここ一週間の疲労もその一因かもしれません
緊張して走ってるのに、頭の中が別のところにいるような感じ
一度だけですが、気づいたらトンネル内のカーブを曲がってなくて、壁に向かって走ってました
パーキングで休みたいのですが、パーキングが無い

このまま走ったら事故を起こすだろうと思ったら、頭の中でそれが想像されて、
頭がそっちに行って、意識が一瞬飛ぶという悪循環



それよりも、帯広から高速乗りたかったのに、標識に騙されて端っこから乗ってしまったOTZ
余計に20km走りました 夜の山道 一人で走行 寂しすぎ

高速だから、20kmくらいなら下道の人と結局はあまり変わらないのでは?と言う人もいるかもしれないが、
北海道だったら下道も高速も道東なら出せる速度に大差はないです
道間違えてマズイ!と思った最大の理由は、燃料の問題
帯広になら24時間やってるGSあるだろうと思って帯広から高速に乗りたかったんですよ


ガス欠が一番怖いので、6時を過ぎたら釧路の手前あたりから、50km走ったら給油しました
まぁそれも2回だけです
ここで、寒さに耐えかねて装備を冬仕様に変更

Tシャツの上に、長袖、長袖、カッパ
ズボンの上にもモチロンカッパ
手袋は冬用の分厚い、札幌の冬でもokなやつ
ネックウォーマー

冬に分厚い手袋とネックウォーマーするなんて夢にも思わなかったわ
GSの店員さん笑ってたよw



とりあえず燃費気にしながら走ります
と言っても、高速道路を高速で走ってるので、燃費は良くないです
まぁそれでも23km/㍑
坂道なんかはクラッチ切ってスロットルは全然開かずに惰性で進みます

千歳ならGSあるだろうと思って市街に入ったら、一軒だけ24時間やってました
この時点で最後の給油から走行距離307km
リザーブも100mlちょい使ってました
まぁリザーブ4㍑なので、普通に札幌に帰れますね

一応道東の東の方の高速を出た時点で計算したら、リザーブ半分ほど使えば十分帰れると分かったんですが
それでも精神衛生上悪いです




札幌市内に到着した頃には1時を回ってました
最後の食事から12時間ちょうど経過してるので、ファミレスで食事
帰宅したのは2時30分  風呂に入ってすぐ就寝



ホクレンで給油したら貰えました



翌日バイクの整備をしたんですが、この時点で今月2500km走行してまして、その間無整備です
チェーンは10センチちかくたるんでるんじゃねぇかコレ!と言いたくなるほどで、
今回は初日から雨だったので、錆びついてますし


リア充の代名詞 Lt.TOMITAKE が行く~稚内~



行動を起こすのに最適な時間帯は徹夜明けである
                                         L=T=TOMITAKE

朝4時過ぎに家を出発
徹夜と言えども、22~25時間目の体調不良ピークさえ乗り越えられれば無問題
あとはテンションが何故か上がります

今回のルート

基本的には赤ルートです  
ただ、内陸側に入り込んでブラブラしたりしてるので、細かいトコロは省いています
赤い楕円のところが主にブラブラしたところ

後述しますが、日帰りです 走行距離 887km
もう今月で走行距離1000km超えちまった

直線距離で東京札幌間が約850km 東京福岡間で約900kmなので、そう考えるとスゲー走ったなw


装備はコレだけ 野宿する予定でした
野宿の寒さに対応できるように、念のためにニット帽やネックウォーマーなどなどが入っています
それ以外には、マグライト二本、無線機、当然カッパも


留萌で休憩 思ったよりも小さい町だなぁ
でも、子供育てるならこのくらいがちょうどいいのかもしれん


道の駅で休憩
あまりプランを立ててないので、休憩中に雑誌とツーリングマップルを見て詳細なプランを立てます
なので、今回は道の駅で結構な回数の休憩をとりました


苫前の手前にあるプロペラ 全部で39基あるらしいです
国道からは少ししか見えませんが、丘を登ると結構な数が見えます おまけに景色もいい
ただ、調子こいて奥へ奥へ行くと砂利ダートに突入し恐怖を味わえます


砂利ダート怖い・・・ 砂利が深いところは特に怖いです
いつ転倒するかとハラハラしました Uターンは特に地獄でしたよ。。。

戻る時ウサギが飛び出してきた 左右の茂みに逃げればいいのに、何故か私の進行方向へと疾走
ちなみに留萌に行くまでに、
ぼろ雑巾になったキツネ(タブン 最初は生ゴミかと思った)、綺麗なキツネとタヌキ(?)の屍骸
が高速道路上に転がっていました 前の車と結構な車間距離を開けていたので、余裕で避けれましたが、
二輪だと踏んだ場合転倒する可能性があるので怖いですね


ひたすら北へ進みます
r106に入るとすぐに風力発電のプロペラが見えます
周りに視界を妨げるものがないので、かなり遠くから見えます 壮観です
全部で28基あるらしいです


パーキングエリアで休憩中に、地元のオジサンと談話
そこから利尻が見えるはずなんですが、気温が高く水蒸気がでてるためか、
島にちょうど雲がかかっていて何も見えません
ただ、そこにだけ変わった形の雲が空にある景色というのも珍しいかもしれません


ちなみに、この利尻の話は他の場所でバイク乗りの人と話たんですが、
その人は、北海道ツーリング10回目にしてやっと利尻を見れたそうです
例えで、ラピュタみたいだと言ってました 結構的確だなw

ちなみにそのお方、北海道ツーリングに来るのは20回目で、今回はすでに一ヶ月滞在しているとか
色々と貴重な話を聞けました


地元の方の情報で、トナカイ牧場が幌延にあるということで行ってみることに


コイツはヤギ


全部で90頭いるって言ってたかな
間近で角(?)を見ると迫力があります

昔は入場料を取ってたみたいですが、現在は無料です 人なんか私以外一人もいませんでしたけどね
まぁ朝10時ってこともあるかも


豚ちゃん

ココ以外にも幌延周辺をブラブラしました


宮の台というところです とりあえず景色がヤバイ 日本とは思えない


空気が澄んでいれば利尻が見えるそうです 秋が一番いいらしいです
しかしこの景色は素晴らしい 是非ともこの景色見ていただきたい


水平線まで続く直線道路も結構多いです

高速道路乗ったり、帰りは一般道でも結構飛ばしましたが、
信号の全くない一般道は60~70kmの速度で走行したので、この日の燃費は22k/と予想以上
高速+自動車専用道路300km以上走ったので、燃費悪いと思ったんですが


サロベツ原生花園

私の後方にも写真のような景色が広がっています
写真を見ると分かりますが、風がかなり強いです バイクが左右に煽られます
絶対秒速18m以上あるだろこれと思ったんですが、実際は9mでした
まぁこの9mっていうのも、一方に遮蔽物がある状態の話で、
小高いところだと風に向かって歩きいくい状態でした

この風が野宿をしなかった一つの原因
まずバイクで走るのが怖い 暗くなってからも網走あたりまで走る予定でしたが、
この風で暗い中は走れないと判断 この状態では他の車、特にトラックが怖い


北緯45度地点  写真撮ってもらいました

ここで、道外のライダーの方々とお話 ZX-11に乗ってる方がいましたが、400と比べるとやっぱり大きいな
特にシート幅が結構あったような気がする
でも、「一回り」というとちょっとオーバーな表現かも


そしてひたすら北上して野寒布岬
ココに来るまで9時間か 色々とぐるぐる回った割には早くついたと思う

日本最北端宗谷岬まで、あと30kmちょいです
その前に飯でも食べます


岬のすぐ近くにある「からふと食堂」 うにだけうに丼 お値段は・・・時価です。。。

スーパーでは20パーセント割引や半額品しか手をださず、世の専業主婦と日々格闘している
貧乏人の私ですが、ここまで来てお金をケチるつもりはありません
よくケチだと勘違いされますが、使いどころはわきまえているつもりです


そして最北端 宗谷岬

ここで、45度地点で話をした方と再会
風が強くて危険なので、少し東に進んだら、内陸に逃げようとか
オホーツク海側の風の強さは異常なので、内陸側でテント張った方がよさげ

ここでは、あまりの風の強さに重量が軽いオフロード車が風で転倒する事態が発生
そのせいでバイクに問題が発生したのですが、工具を持ってないとのことなので私の車載工具を貸すことに
困った時はお互い様です  私も雲仙ではバイク乗りに助けられましたからね 


お土産を買います
定番のキーホルダーと、他に何か一つ買えば十分か


しかし本当に気持ちがいい
景色は最高だし空気は澄んでるし  ただ風が強いのがなぁ 


岬のすぐ近くには風力発電所があります  あぁ一眼欲すぃ
国内最大規模の風力発電所で、プロペラは全部で57基

ちなみにここでの風が一番凶悪でした 停車すると両足ついてても風で倒れそうになりましたもん
あと、その場に立ち続けるのが困難




一眼だったら最高な写真がとれただろうに
500万画素の古い奴じゃ、限界があるなぁ

windowsの壁紙フォルダに入っててもおかしくないくらい、綺麗な景色


それからは、とりあえず東に進んでいったんですが、風強すぎで危険
夜は更に危険で走りたくない
そして、寝るにしても、内陸側に少し入らないといけない
何より、明日からずっと雨続き
ということで、浜頓別で帰ろうと決意 ちょっと残念です

今度は網走あたりまで行こうと思います
浜頓別から網走までは見所が少ないのですが、別ルートで網走付近まで行くから結構色々と見て回れるかな



以下戦利品とか


左 樺太食堂で「うにだけうに丼」を注文したバイク乗りにプレゼント
右 宗谷岬すぐそばの、日本最北端のガソリンスタンドで給油したらもらえます


顔文字入りのレシート

給油量が12.27㍑と、リザーブに入る直前 リザーブは13リットルからです
野寒布岬で、もうそろそろリザーブだなぁと思ったんですが、結構それから走りました
前回の給油から290km走ったので、燃費は23km/㍑ 
留萌からよくここまで走ったなぁ


リア充の代名詞 Lt.TOMITAKE が行く~留萌~

最初はただ、札幌市内にある近くの回転寿司で寿司を食べるのが目的でした
しかし、キャンプツー装備の道外ナンバーを見つけるたびに、
 「北へ・・・」「イディーカムニェ」「ンーマツオバショウ」 と脳内で囁き声が聞こえたので、
留萌まで行こうかなと


装備は防水仕様ナビ、タンクバッグ内にデジカメ、ツーリングマップル、ゼロ円マップ、カッパ
ただ近場まで寿司を食べに行くのにどうしてここまで装備しているのか? 非常に難しい問題である
これに上着一枚とマグライトがあれば、3日くらいは道の駅野宿でツーリングし回れるっていう
というか、本当のこと言うと気が向けば2.3日ブラブラするつもりでした

寿司を食べた後、留萌に出発
キャンプツー装備のバイク乗りを沢山見かけますねぇ
北海道に上陸するだけでも結構疲れるだろうに、その上キャンプか
私もテントやシュラフなどは持っていますが、今は手元にないのでキャプは無理です
というか、普通にそこら辺に寝ッ転がれば十分 若いし
背中痛いときは近くのスーパーとかでダンボール貰えばおk あれって結構暖かいんだぜ。。。。。

屋根のあるベンチ、雨風凌げるバス停などには、遠出の時よくお世話になります
だってお金ないもん


赤 今回の走行ルート 

まぁ北上して行ったわけですが、先日の大雨で落石が発生し、オロロンラインと積丹で一部通行止めがあります
増毛で全面通行止めになっており、オロロンラインを北上して留萌に到達することが不可能となっています
迂回で相当時間がかかりますので、もう今回は留萌諦めます

もし北上して留萌に到達したいのであれば、
オロロンラインからなら、浜益からR451→滝川でR275→R233→留萌
札幌からなら、高速道路使って深川JCTで留萌方面に行けばスンナリ行けると思います

にしても、オロロンラインから滝川の迂回ルートは凄い時間ロスだなぁ
ただ、オロロンラインも含めて滝川まで50km以上信号がないので非常に快適


海岸か
スク水小学生フェロモンを発しているお姉さんがいないか探します
平日なのでそんなもんいません
夏休み中だったとしても、こんな辺鄙なところ来ないでしょう



本当に北海道は自然豊かでいいところです
オマケに涼しいし、夜は外出歩くと寒いくらいです
一軒屋だと朝少し寒いらしいです  ただ、冬は地獄だお・・・ 旅行にも来たくねぇよ 歩きづらいし



帰りは、滝川~岩見沢まで高速無料区間を使用
後ろが詰まってたので、券をとってタンクバッグの小物入れに収容したら、
ファスナーは走りながら閉めようと思ってすぐに発進したんですが、これがなかなか閉まらない・・・OTZ
結局、ファスナーは閉めずに走りました。腕で小物入れをバッグ本体に押さえつけながら走りました。。。
まぁICから砂川PAまで3kmだったので、そこで一旦休憩してファスナー閉めました

駐輪スペースは私以外は道外ナンバーでした
名古屋、大阪、山形、千葉など全国から色々
PAは夏ということもあってか、車の客が結構多かったなぁ
バイクじろじろ見るのは全くもって問題ないというか寧ろ嬉しいのですが、
ボロ装備の私自身、体を見るのはご遠慮願います
だってライジャケじゃないんだぜ・・・ バタつくダンロップの長袖だぜ・・・ オマケに冬用の薄い手袋してんだぜ・・・

お金がない

と言いつつも、明日はまた別の回転寿司屋に行こうと思う紳士Lt.TOMITAKE氏であった。。。 完

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。