無料アクセス解析
脳内ぬるぽ化計画 2011年07月
最近はBF4くらいしかやりません
最近はBF4くらいしかやりません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


車載動画 マウント

サインハウスのマウントとその他一つが届いた


左から
C-9ハンドルアダプター
A-4 デジタルカメラホルダー
B-1 83mmアーム
mini USB 5V変換パワーケーブル(p350(ナビ付PDA)専用充電器)


ハンドルアダプターの取り付け
取り付けるためのボルトは付属していないので、ホームセンター等で調達する必要がある
調達したボルトは 6*30mm のキャップボルト

このボルト だいぶ長い間取り外したことがなかったためか、
556吹きかけた後、六角差し込んで、その六角をゴムハンマーで叩いてようやく外れました


画面中央の金属部品はユニバーサルカラーセットというものらしいが、
サイズが小さいせいか、ハンドル側のネジ穴の中に入ってしまうという意味不明具合
上側はまだいいけど、下側のユニバーs(ry 諸に入り込んでいる



アームとカメラホルダーを取り付けるとこんな感じ
これとRAMマウントどちらを購入するか悩んだんだけど、
決め手となったのは、カメラホルダーの見た目と見た感じの機能性(笑)
http://item.rakuten.co.jp/ida-online/ram-b-202au/
↑だってRAMのしょぼいですやん だからサインハウスのを購入


正直この選択はミスだったと思う
というか、今になって思えば、何故カメラホルダー如きで決めたのか分けが分からない

ミスだと思った理由だけど
サインハウスのハンドルアダプターは、写真で分かる様に手前にボールが伸びている
対してRAMマウントのは地面に対して垂直に伸びている と言っても分かりにくいので
http://item.rakuten.co.jp/ida-online/ram-b-309-1u/ 参照


最初は、この両者の違いにより最終的なカメラの高さに違いがでてくる
それのみだと思っていだが、重要な点を見逃していた アホみたいな見落としをしていた

車載動画ということを考慮すると、察しのいい人は気づくかと思うけど、
サインハウスのは、アームがメーターパネルに対して水平に実質的に伸ばせない
伸ばせることには伸ばせるが、そしたらカメラマウントが真横になって、カメラが縦になる
これは、アームの構造からくるもので、それを考えずに購入してしまった
しかし、RAMの方では水平にアームを伸ばせる上に、カメラマウントはハンドル中央あたりにくる
(なお、ZZRの場合はステムマウントは車体を改造しないと使えないらしい)

だが、アームをパネルに対して水平に伸ばす必要は必ずしもない
垂直に伸ばせばいいのである
結果どうなったかというと
一番長いアームを買ったためにカメラがスクリーン(風防)にあたるという



結局画像4枚目のように、
斜め手前にアームを伸ばすことでカメラを地面に対して水平に配置することになった
マウント自体は車体中央に位置しないが、
三脚穴がレンズより右にあれば、レンズ部分が車体中央に位置するため撮影上の問題は特にない
一つ挙げるとすれば
アームを手前に伸ばしたせいでより広い範囲が写ることになって、カウルの一部が写りこむこと
あとはタンクバッグと干渉しないかが心配






どのカメラを買うかでまだ迷っているんですが、
防水性で絞り込めばあまり選択肢はないかな
デジカメで防水を求めれば値が張るので、ビデオカメラを買おうかなと思ってます
なんか前の記事で書いていることと矛盾しているけど、
色々と詳しく調べたら
防水性のあるデジカメって案外高くて、意外にも防水性のあるビデオカメラって安いのもあるのね。。。

これなんか1万円で手に入りますし
http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/gc-wp10/index.html
最初これ見たとき、
縦長の状態で使ったら、映像も縦長になるんだよね?なのに三脚穴の位置は縦長で使ったときの底面にあるの?
馬鹿なの?死ぬの? と思ったけど、液晶が縦長の状態で撮影したからと言って、映像が縦長だとは限らないよね
完全に固定観念に囚われていた
1万円程度で手に入るので非常に魅力的だが、三脚穴とレンズの位置関係から却下かな
あと、重心が高いので不安定 長いからスクリーンに接触する可能性高いってのもある

ちなみに、このビデオカメラを使用した車載動画のブログがあったので貼り付け
http://kanagataedo.blog.shinobi.jp/Entry/9/


あとEXEMODEというメーカーのデジカメがもの凄く安いなぁと思ってレビューを見たら、
ボロクソに言われてて可愛そうな状態w 思わず笑ってしまうくらい
日本のメーカーじゃないよね だいぶヒドイみたいだし


にしても、アームが手前に伸びてしまったせいで、
縦長のビデオカメラはタンクバッグと干渉する可能性あるし、
三脚穴とレンズの位置関係にもかなり配慮しないといけなくなったかな
スポンサーサイト

バイクで車載動画撮るよ!

タイトルの通り、車載動画を撮ることにしました。

何故撮ろうと思ったのかというと、
先月ツーリングしていた時に事故寸前(しかも巻き込まれ)にまで追い込まれたことがありまして、
北海道に限らないと思いますが、郊外を走っていると加害車両と被害車両の2両以外に
車・バイクが走っていないということが多く、目撃証言は全く得られない場合が多いと思うので、
起こった事実を映像として残すことにより、主張の相違があった際の無用な争いによる手間を避け、
また、本来負わなくても良い過失を自らが負わないといけなくなったという状況を避けるためです。

それに郊外に限らず、街中で多数の目撃者がいるにも関わらず、
事実とは異なる主張をするキ○ガイを相手にしなければならなくなった時などを考えれば、
数万円出して車載動画を撮るメリットはあると思います。

まぁ赤信号見落としで争いになる場合は、
信号機があることに気づかなかった→でも事実として信号機はある→責任逃れのために信号は青だと言い張る
というパターンが多いと思います。
現に交差点で赤信号見落としたアホの車に乗ったことがあるんですが、
「あああああかしんごぉおおおおおおおおおおお!!!!」
と叫んでも、運転者は

(゚Д゚)ハァ?

でしたからね。。。
当人の主張は「信号機なかったよ」
眼科池  交通量が少ない所で、他に走っている車がいなかったから良かったものの・・

こういう場合に事故ってしまったら、運転手は
1、見落としの事実を認めすいませんと誤る 2、青信号だったと言い張る
3、神の意思に従い歩み続けたなどと意味不明な供述をする
の3択だと思うんですが、人間ってそんなにできた生き物じゃないと思うから、
2を選ぶ人も結構いると思うし、現実としてある程度はいる




撮影の計画がどの程度まで進んだかというと、
とりあえずマウントだけは購入しました。
サインハウスのマウントなんですが、詳細はマウントが届いてから後々しようと思います。

悩んでいるのが、撮影にデジカメとビデオカメラどちらを使用するか ということです。
私の使用しているデジカメは6年ちょっと前に買った物でして、
デジカメを新しく買ってそれで写真を撮影し、動画も撮影しようかと考えています。
最近のデジカメはHD画質で録画可能なものが多いらしく、フルHD画質で録画可能なものもあるみたいです。
私のデジカメは320*180(くらい)でしか撮れないので、最近のデジカメ調べてHD画質で撮れることを知ったときは驚きました。

ただ、やはり動画を撮るとなればビデオカメラの方が、
音質・AFスピード・ズームスピードの点などでデジカメより優れているそうですが、
車載動画、しかも専ら事故の時の証拠用ということを考えれば、デジカメで十分かなと。
本気で車載動画撮るなら、素直にGoPrpHDとかいうの買いますし。


「悩んでいる」と言った最大の理由は、ビデオカメラが型落ちの物は安価だということでして、
それなら1万円程度でビデオカメラ買って、デジカメも1.5万程度のを買えばよくないかな?
と思ってしまうわけです。
ただ、その値段のビデオカメラは防水性の点で気になることが多く、
バイクで車載動画を撮るという事を考慮すれば防水性能は重視すべき点だから、
おとなしくデジカメ買ってりゃいいのかなぁ・・・ でもぉっぱぃ というのが現在の心境


あと一番気になるのが、マウントの基礎の位置がブレーキハンドルのネジの部分にあるので、
三脚穴の位置がデジカメの左端にあれば、
下手したらスクリーンを固定しているカウルの一部が映像に入り込むんじゃないかなということ。
これは、手持ちのデジカメで一度試してそれから判断すればいいのですが、
逆に、マウントが届くまでデジカメ若しくはビデオカメラを買えないので、
早く届いてくれと願ってるんですが、到着は土日あたりか。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。