無料アクセス解析
脳内ぬるぽ化計画 リア充の代名詞 Lt.TOMITAKE が行く~稚内~
最近はBF4くらいしかやりません
最近はBF4くらいしかやりません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

リア充の代名詞 Lt.TOMITAKE が行く~稚内~



行動を起こすのに最適な時間帯は徹夜明けである
                                         L=T=TOMITAKE

朝4時過ぎに家を出発
徹夜と言えども、22~25時間目の体調不良ピークさえ乗り越えられれば無問題
あとはテンションが何故か上がります

今回のルート

基本的には赤ルートです  
ただ、内陸側に入り込んでブラブラしたりしてるので、細かいトコロは省いています
赤い楕円のところが主にブラブラしたところ

後述しますが、日帰りです 走行距離 887km
もう今月で走行距離1000km超えちまった

直線距離で東京札幌間が約850km 東京福岡間で約900kmなので、そう考えるとスゲー走ったなw


装備はコレだけ 野宿する予定でした
野宿の寒さに対応できるように、念のためにニット帽やネックウォーマーなどなどが入っています
それ以外には、マグライト二本、無線機、当然カッパも


留萌で休憩 思ったよりも小さい町だなぁ
でも、子供育てるならこのくらいがちょうどいいのかもしれん


道の駅で休憩
あまりプランを立ててないので、休憩中に雑誌とツーリングマップルを見て詳細なプランを立てます
なので、今回は道の駅で結構な回数の休憩をとりました


苫前の手前にあるプロペラ 全部で39基あるらしいです
国道からは少ししか見えませんが、丘を登ると結構な数が見えます おまけに景色もいい
ただ、調子こいて奥へ奥へ行くと砂利ダートに突入し恐怖を味わえます


砂利ダート怖い・・・ 砂利が深いところは特に怖いです
いつ転倒するかとハラハラしました Uターンは特に地獄でしたよ。。。

戻る時ウサギが飛び出してきた 左右の茂みに逃げればいいのに、何故か私の進行方向へと疾走
ちなみに留萌に行くまでに、
ぼろ雑巾になったキツネ(タブン 最初は生ゴミかと思った)、綺麗なキツネとタヌキ(?)の屍骸
が高速道路上に転がっていました 前の車と結構な車間距離を開けていたので、余裕で避けれましたが、
二輪だと踏んだ場合転倒する可能性があるので怖いですね


ひたすら北へ進みます
r106に入るとすぐに風力発電のプロペラが見えます
周りに視界を妨げるものがないので、かなり遠くから見えます 壮観です
全部で28基あるらしいです


パーキングエリアで休憩中に、地元のオジサンと談話
そこから利尻が見えるはずなんですが、気温が高く水蒸気がでてるためか、
島にちょうど雲がかかっていて何も見えません
ただ、そこにだけ変わった形の雲が空にある景色というのも珍しいかもしれません


ちなみに、この利尻の話は他の場所でバイク乗りの人と話たんですが、
その人は、北海道ツーリング10回目にしてやっと利尻を見れたそうです
例えで、ラピュタみたいだと言ってました 結構的確だなw

ちなみにそのお方、北海道ツーリングに来るのは20回目で、今回はすでに一ヶ月滞在しているとか
色々と貴重な話を聞けました


地元の方の情報で、トナカイ牧場が幌延にあるということで行ってみることに


コイツはヤギ


全部で90頭いるって言ってたかな
間近で角(?)を見ると迫力があります

昔は入場料を取ってたみたいですが、現在は無料です 人なんか私以外一人もいませんでしたけどね
まぁ朝10時ってこともあるかも


豚ちゃん

ココ以外にも幌延周辺をブラブラしました


宮の台というところです とりあえず景色がヤバイ 日本とは思えない


空気が澄んでいれば利尻が見えるそうです 秋が一番いいらしいです
しかしこの景色は素晴らしい 是非ともこの景色見ていただきたい


水平線まで続く直線道路も結構多いです

高速道路乗ったり、帰りは一般道でも結構飛ばしましたが、
信号の全くない一般道は60~70kmの速度で走行したので、この日の燃費は22k/と予想以上
高速+自動車専用道路300km以上走ったので、燃費悪いと思ったんですが


サロベツ原生花園

私の後方にも写真のような景色が広がっています
写真を見ると分かりますが、風がかなり強いです バイクが左右に煽られます
絶対秒速18m以上あるだろこれと思ったんですが、実際は9mでした
まぁこの9mっていうのも、一方に遮蔽物がある状態の話で、
小高いところだと風に向かって歩きいくい状態でした

この風が野宿をしなかった一つの原因
まずバイクで走るのが怖い 暗くなってからも網走あたりまで走る予定でしたが、
この風で暗い中は走れないと判断 この状態では他の車、特にトラックが怖い


北緯45度地点  写真撮ってもらいました

ここで、道外のライダーの方々とお話 ZX-11に乗ってる方がいましたが、400と比べるとやっぱり大きいな
特にシート幅が結構あったような気がする
でも、「一回り」というとちょっとオーバーな表現かも


そしてひたすら北上して野寒布岬
ココに来るまで9時間か 色々とぐるぐる回った割には早くついたと思う

日本最北端宗谷岬まで、あと30kmちょいです
その前に飯でも食べます


岬のすぐ近くにある「からふと食堂」 うにだけうに丼 お値段は・・・時価です。。。

スーパーでは20パーセント割引や半額品しか手をださず、世の専業主婦と日々格闘している
貧乏人の私ですが、ここまで来てお金をケチるつもりはありません
よくケチだと勘違いされますが、使いどころはわきまえているつもりです


そして最北端 宗谷岬

ここで、45度地点で話をした方と再会
風が強くて危険なので、少し東に進んだら、内陸に逃げようとか
オホーツク海側の風の強さは異常なので、内陸側でテント張った方がよさげ

ここでは、あまりの風の強さに重量が軽いオフロード車が風で転倒する事態が発生
そのせいでバイクに問題が発生したのですが、工具を持ってないとのことなので私の車載工具を貸すことに
困った時はお互い様です  私も雲仙ではバイク乗りに助けられましたからね 


お土産を買います
定番のキーホルダーと、他に何か一つ買えば十分か


しかし本当に気持ちがいい
景色は最高だし空気は澄んでるし  ただ風が強いのがなぁ 


岬のすぐ近くには風力発電所があります  あぁ一眼欲すぃ
国内最大規模の風力発電所で、プロペラは全部で57基

ちなみにここでの風が一番凶悪でした 停車すると両足ついてても風で倒れそうになりましたもん
あと、その場に立ち続けるのが困難




一眼だったら最高な写真がとれただろうに
500万画素の古い奴じゃ、限界があるなぁ

windowsの壁紙フォルダに入っててもおかしくないくらい、綺麗な景色


それからは、とりあえず東に進んでいったんですが、風強すぎで危険
夜は更に危険で走りたくない
そして、寝るにしても、内陸側に少し入らないといけない
何より、明日からずっと雨続き
ということで、浜頓別で帰ろうと決意 ちょっと残念です

今度は網走あたりまで行こうと思います
浜頓別から網走までは見所が少ないのですが、別ルートで網走付近まで行くから結構色々と見て回れるかな



以下戦利品とか


左 樺太食堂で「うにだけうに丼」を注文したバイク乗りにプレゼント
右 宗谷岬すぐそばの、日本最北端のガソリンスタンドで給油したらもらえます


顔文字入りのレシート

給油量が12.27㍑と、リザーブに入る直前 リザーブは13リットルからです
野寒布岬で、もうそろそろリザーブだなぁと思ったんですが、結構それから走りました
前回の給油から290km走ったので、燃費は23km/㍑ 
留萌からよくここまで走ったなぁ


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。